経営理念


社 訓

自 利 利 他


事業経営の目的

  1. 社会の貴重な財産である「企業」の永続的な発展と存続の為に、
    経営者の「最良の支援集団」となること。

  2. 社員とその家族が物心両面にわたり充実し、豊かになること。

  3. 社会の発展に寄与し、祖国日本に貢献すること。


行動指針・行動基準

行動指針・行動基準

1、志を高く持つ
会社は人間力を高めるところ 目標をもって生きよう。

2、原理原則を守る
ものの本質を見る目を養うこと 近視眼的に考えない 論理的に考え、大局的に判断する。

3、常に考える
現代はグローバル化、サイバー化による変化の激しい時代
絶えず自分をシェイプアップすること
危機感のない人間は生き抜いてはいけない。

4、利他心
利他は自己犠牲ではない。他人にありがとうと言われた時、
人は無上の喜びを感ずる生き物である。

5、挨拶を忘れない
自分からすすんで挨拶をしよう。

6、整理・整頓は仕事の大原則
昔から「段取り7分仕事3分」という

7、嘘をつかない
正直な仕事をする。
人間にとって失敗やミスはつきもの、常にお客様にも会社にも正直に報告し、
誠実に対応しよう。正直が最高の解決策です。

セミナー案内
経営革新等支援機関
経営者お役立ち情報
社長メニューASP版
経営アドバイス・コーナー
相続税・贈与税シュミレーション
求人情報
個人情報保護方針